経済

韓国人「韓国経済、2月の求職断念者及び50代の失業者が歴代最多に・・・」

2月の求職断念者及び50代の失業者歴代最多

 

先月の就業者数が13ヵ月ぶりの大幅に増加したが、中・壮年層を中心とした雇用指標は、かなり悪くなったことが明らかになりました。

統計庁の経済活動人口調査の結果を見ると、先月の求職断念者数は集計を開始した2014年以来、最も多い58万3000人にもなりました。

これと共に、50代の失業者数は20万6000人で、失業者の統計情報を作成した1999年6月以来、最も多かった。

経済活動をせずに特にすることなくただ休む人も216万6000人で、統計が出た2003年1月以来、最多でした。

それでも65歳以上の高齢者の雇用率が2017年9月から18ヵ月連続で上昇したと集計されました。

おすすめ記事

韓国の反応

ムン・ジェインさん・・・。
災害。
ムン・ジェインがまたやったね。
はぁ・・・。
先月の就業率は13ヵ月ぶりに大幅に上昇~。
65歳以上は雇用率18ヵ月連続で上昇~。
つまり、20代、30代、40代、60代は上昇ですね。
先月の全体就業者数は2634万6000人で前年同月に比べて26万3000人増えました。13ヵ月ぶりに大幅に増えたんです。
イ・ミョンバク、パク・クネ政権だったらゴミ記者たちが称えまくってた結果なのに。
税金を降り注いで高齢者たちと短期バイト作ってその程度。
最近景気が悪くて年齢が高いほど求職するのが難しいのは事実。
35~45歳ぐらいが一番大変です。
高齢者たちは高齢者の福祉のために何とか小さな仕事でも作ってくれるし、20代は青年支援でもあるけど、35~45歳は何もありません。
30代、40代がヤバイでしょう。高齢者の雇用で埋めているところ。
韓国人「今年の1月、14万4000人が失業していたことが判明する・・・」1月、廃業・不況型失業者14万4000人・・・製造業23.8% 1월 폐업·불황형 실직자 14만4000명..제조업 23....
先月、全体就業者数が前年同月と比べて大幅に増えたことを考えると全体的には良くなったんじゃないですか?
増えたのはほとんど高齢者雇用です。
それは大半が高齢者対象で、短期アルバイトだけ増やして作ったものです。
高齢者たちに公共雇用短期アルバイトさせて就職率上がったという政府wwwww
雇用率基準で、30代は2018年が最も高く、2019年が二番目。
40代は2017年が最も高く、2016、2018年が同じで、その次が2019年です。
2016年と0.2%の差です。
こんなに失業者が多いのに雇用率は大丈夫だと擁護する方もいるけど、たぶんムン・ジェインだと思う。
就業者数が20万人増えたけど、60代以上で40万増えたという資料を見てものすごく驚きましたね・・・。
雇用予算53兆ウォン(約5兆3000億円)で高齢者の短期雇用だけ40万作って顔を立ててるだけ。
所得主導の成長の結実が出てくるところですね!
失業者が130万人、就職放棄者216万人を合わせれば実際の失業者は350万人という話・・・
一度も経験したことのない世の中になってしまった・・・。
関連記事はこちら